工学系大学院生のブログ

2人の大学院生による雑記ブログ

カテゴリー: 第13回 乱流(LES)

第13-1回 乱流(RANS, LES,DNS)[julia]

* コードは第13-5回にあります。 第13回では、乱流(LES)の解析について行っていきます。 さて、今回は乱流の数値解析手法を簡単に紹介します。 乱流の数値解析としては、RANS, LES, DNSの三つが主な方法となります。 ・RANS RANSとは、レイノルズ平均ナビエストークス方程式(Reynolds-Averaged Navier-Stokes equation)の略であり、時間平均した流れ場の方程式になります。 つまり、乱流の非定常的な挙動には着目せずに、平均的な挙動に焦点を当てる手法になります。 流れが速く乱流の影響は考えられるが、細かい渦の影響は小さいと考える場合に使用します。 平均化されているため、計算コストが小さいというメリットがありま.....