工学系大学院生のブログ

2人の大学院生による雑記ブログ

予算10万円で一眼デビューしたい!

こんにちは!teruです。
一眼が欲しい!去年あたりから考えていましたが、なかなか実行に移せなかった願望を一つ実践することが出来ました。院試が終わって、新しい趣味を始める気になったんです(笑)


今回は、初心者で最初の一台に何を買うか迷っている方の参考になればと記事を書きます。

さて、結論から申しますと今回購入したのは SONY のミラーレスカメラα6000のPower Zoom Lens Kit です。こんな箱に入ってきます。

α6000 Power Zoom Lens Kit
α6000 Power Zoom Lens Kit

カメラの色については次の記事でお話しします。僕はかなり迷って白にしました。α6000は色の選択がすんんっごく難しいんです。

箱は本体の色に関わらず黒のボディの写真のようです。店員さんが中身の色を勘違いして持ってきてしまうこともあるので注意が必要です。実際、最初に黒の箱を渡されました(笑)側面にシールが貼ってあるので、購入の際はご確認ください。

箱側面のカラーを記載したシール
箱側面のカラーを記載したシール

さて、α6000は他の一眼に比べてずば抜けて優秀な点が3つあります。

1.安い

2.1秒間に最高11枚の連写性能

3.軽量コンパクト

*画質の差は10万円以下のカメラでは似たり寄ったりな印象ですので、あまり気にしなくていいと思います。

1.安い

α6000は3つの買い方が存在します。

①・本体のみ(レンズ無し) 
  60000円強

②・本体
 ・交換レンズ(16mm-50mm F3.5-5.6)
  72000円程度

③・本体
 ・交換レンズ( 16mm-50mm F3.5-5.6 )
 ・交換レンズ(55mm-210mm F4.5-6,3)
  96000円程度


まず、カメラ本体が60000円で手に入るというのは、安すぎて他に比較できる一眼がありませんでした。 おまけに、1万2千円でレンズが手に入るなんてお得すぎます。 (どんなに安くてもレンズって大体30000以上かかります。)

僕の予算は10万円でしたので、単焦点レンズの為に30000円残しておこうと思って、②の買い方にしました。(本当は①でも良かったんですが、それについては別の記事で)

値段は、予算10万の僕にとって最大の決め手となりました。



2. 1秒間に最高11枚の連写性能

「これはすごいの?」って感じですよね。分かります。上位機種と比較してみましょう。本体だけで20万円のα7Ⅲの連写性能は、1秒間に10枚です。ちなみにα6000より数万円高いKiss Mなども10枚のようです。

「一枚の差じゃないか」と思うかもしれませんが、動くものを撮る時には結構効いてきます。「綺麗に羽を広げてる鳥を撮りたい」とかなると連写速度は重要です。僕の見た限りでは、11枚連写を実現しているカメラがヨドバシにはα6000しかありませんでしたので、決め手の一つとなりました。

3.軽量コンパクト

店頭行ってみてください。他と比べて圧倒的にコンパクトです。工学系の僕としては、小型化・軽量化は絶対の正義です(笑)

まとめ

安くて高性能なα6000は初めてのカメラに最適だと思います!僕は、単焦点レンズが使いたいという理由で③のダブルズームレンズキットにしませんでしたが、人に勧めるならダブルズームレンズキットかなと思っています。その理由を説明するにはレンズについてお話しなくてはならないので、別の記事で!




写真は、α6000 Power Zoom Lens Kit と同時購入した単焦点レンズを装着した様子です!

α6000とsigma 30mm f1.4
α6000とsigma 30mm f1.4
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: https://teru-hide.com/12346/trackback/
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村